性病のトリコモナスってどんな病気?

性病のトリコモナスってどんな病気?

性病の一つであるトリコモナス症は、トリコモナス原虫の寄生が原因となって起こる感染症です。
女性の場合は、主に膣に感染し膣炎を起こし、男性の場合は、主に尿道に感染し尿道炎を起こします。
トリコモナス症に感染した場合、すぐに治療を始めることが大切です。
そうしないとどんどん増殖を続け、生殖器の炎症がひどくなっていきます。
たとえば女性の場合であれば、最初は膣炎から始まって尿道や膀胱などにも感染し、尿道炎や膀胱炎、外陰炎などを併発することも少なくありません。
さらに自覚症状が無い場合も多く、重篤化してしまうことがあるので注意が必要です。

トリコモナス症の症状は、女性の場合は外陰部のかゆみ、悪臭の伴う黄緑色のおりものや血性のおりもの、性交時痛などがあります。
男性の場合は女性に比べると症状が出ないことが多いのですが、尿道から膿のような分泌液が出たり、性器のかゆみや排尿時に軽い痛みがあったりします。

感染経路は主にコンドームを使わない性交やオーラルセックスなどの性行為によります。
そのためトリコモナス症は性行為のある大人に多く見られ、お年寄りにはほとんど見られることがありません。
性行為以外では衣類やタオル、浴槽縁などを介しての感染もあります。

トリコモナス症の治療法は、膣錠や軟膏、内服薬を使います。
女性の場合膣錠や軟膏による局所療法だけだと、感染病巣の広がり具合によっては膣以外に寄生しているトリコモナス原虫に効果がないため、内服薬による全身投与が有効です。
男性の場合は、内服薬を1週間から10日間服用します。
なお、治療期間中のアルコールの摂取は、薬によってアルコールの分解が阻害され、アルコール中毒症状を引き起こす可能性があるので控えなければなりません。

トリコモナス症の検査は、顕微鏡でトリコモナス原虫を見つけることで診断します。
なお郵送検査などでは、トリコモナス原虫が乾燥に弱いために郵送過程で死んでしまうので、ほとんど検出されません。

トリコモナスは性行為だけで感染するか

トリコモナスは、トリコモナス原虫によって感染しますので、感染経路はコンドームを使用しない性行為によって簡単に感染します。
このトリコモナス原虫は微生物ですので、水分や水の中では比較的長く生存することが出来ますので、感染経路はお風呂やトイレの便座、タオルの共有が原因で感染することもあるでしょう。

原虫は膣や尿道を好む傾向があります。
トリコモナス原虫には、膣トリコモナスと口腔トリコモナスの2種類があり、膣トリコモナスの感染者とオーラルセックスをしても、口の中に感染することはありません。
しかし口腔内に寄生する口腔トリコモナス原虫の感染者とキスをした場合は、口の中に感染する可能性があります。
口腔トリコモナスの場合は、咳やくしゃみによる飛沫感染で感染する場合もありますので注意が必要でしょう。
口腔内に感染した場合は、口の中の衛生状態も悪くなり虫歯や歯周病の原因となる場合もあります。

原虫は42度以上で死滅し、水の中では40分程度生き続けることが出来ます。
家族やパートナーが感染者である場合は、入浴は最後にしてもらうか、シャワーを使用してもらうようにしましょう。
また浴用タオルの使いまわしでも感染する可能性があります。
特に粘膜部分にタオルなどが触れ、その部分に原虫がついている場合も感染する可能性があるでしょう。
家庭以外でも公衆浴場やプールなどの施設でも注意が必要です。

トリコモナスに感染した場合は、性器やデリケートゾーン部分に痒みや通常とは違う違和感などの症状が出てきますので、その場合は早めに病院を受診し感染していないかどうかを調べてもらう必要があるでしょう。
また感染していた場合は、家族やパートナーに感染させている場合もありますので、注意が必要です。